上野氏
uenoshi

松山城主上野兵部少輔頼久 (1509年頃)

上野民部大輔信孝

 将軍足利義植の近臣で、備中の国侍を将軍の身方に引き入れるため、二階堂政行や伊勢貞信らと備中に下った。
「中国兵乱記」には、
 『 永正6年6月源義植、天下の国主を召され、年来の軍忠を揚げられ忠賞を行われる、累年の軍労を休息致され、向後は国主にすえ置か
  れ、国主の仕置を探題し、地頭の行跡上聞に達せられるべしと評定あり。その節、備中の国は雲州の塩治尼子の旗下も有り、四国の
  細川・三好の幕下も有り、播州の赤松旗下も有る故に国乱す。御近侍二階堂政行・上野民部大輔・伊勢左京亮備中へ差し越され、国侍
  を御身方に引き入れ候様にとの上意にて、上野民部大輔は下道郡下原郷鬼邑山に在城、伊勢左京亮貞信は小田郡江原村高越山に
  在城、二階堂政行は浅口郡片島に在城、近郷の地頭を冠職として在城、国中に制礼を立て貧民に財を扶助し貧者を愛し孤独を禁ず。
  これ故に国民親付する事父母の如し。』
と書かれており、信孝は鬼邑山に在城していた。
 

上野兵部少輔(備前)頼久

 民部大輔信孝の子であり、父から松山城主を任命される。秋庭氏5代にわたって支配された大松山を始め、小松山の城を整備し、
戦に備えたようである。
 頼久の業績に、安国寺再建がある。足利尊氏が後醍醐天皇を弔うと共に、足利氏天下統一の威信を誇示し、諸国に置いたものである。
松山城に入城した当時はすっかり荒廃していたため、堂塔を修理し、寺田・寺林を寄付して再興した。頼久が死去し、当時の住職は彼の
功をたたえ、「頼久寺殿円翁道満大居士」の法名を贈り、子の伊豆守の希望もあって、天柱山安国頼久禅寺とした。

上野伊豆守

 兵部少輔頼久の子である。「備中誌」には、
  『 大内氏旗下、後毛利氏に属す。頼久の子なり。天文2年庄為資が為に亡さる、西国太平記に云う。当国の守護を考えるに大松山の
  城主上野伊豆守。』
 
と書かれている。弟に右衛門尉がいたが「中国太平記」によれば、
 『 大松山には上野伊豆守居住して小松山の城には同右衛門尉を置かれける処に、天文2年猿掛の城主庄為資押し寄せて相戦う。
  庄は当国の旗頭たるにより、植木下野守秀長、庄に力を合わせ横谷より攻め掛け、上野の勢を追い崩し伊豆守を討ち取り、大松山を
  乗取る。小松山の上野右衛門尉も植木が一族若林二郎右衛門に討たれし』
とある。 大松山・小松山で合戦があり、上野氏は滅亡した。
 歴史に残る松山城を中心とした初めて展開された戦国の合戦で、上野氏は2代約24年で滅んでしまった。

HOMEへもどる


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO